2018年7月7日(土)

渋谷から埼京線で赤羽へ。NY帰りのNYと昼下がりから呑むことに。途中、咳が止まらなくなり板橋駅で下車し、人目を避けて歩いて向かったところ、十条も赤羽の街も気にいってしまった。東京での新居はこのあたりでもいいかもしれない。埼京線で渋谷駅まで一本だし、新宿駅と渋谷駅が隣りあわせになっているし。

まずは、小学校の正門前にある『やきとん大王』へ。学校を眺めながら酒を呑むのはとても不思議な体験。その後、立ち呑みのおでん屋『丸健水産』へ。ワンカップのだし割りが絶品だった。締めは、コンビニで買った缶チューハイを呑みながらの散歩。まちなかを歩きながら書いたり撮ったりするようなライブ感や即興感の重要性についてNYと大いに語る。

夜は、そのまま歌舞伎町へ。ひさしぶりにロックバー『MOTHER』と『PSY』を巡る、Kさんを探すコースで『Kula Shaker』をいくつか流す。いつも通り、Kさんは現れず、隣に座っていた若い男とお互いとも記憶に残らないような話をしたのち、天下一品でこってりをやけ食いして帰宅。

2018年7月6日(金)

とあるロボット開発会社へ新製品のネーミングとキャッチコピーの提案へ。製品そのものではなく、プロジェクト全体のコンセプトから考えなおしたことが功を奏し、ネーミングもコピーも無事に決定。あとはボディコピーを詰めていく段階へ一発で進めたのは大きい。やはり、コピーよりなによりコンセプトが大切。となると、コピーライターではなくコンセプターと名乗ったほうがいいのかもしれないけれど、それはそれでイメージしづらいんだよね。うーん。

今回も「頼んでよかった」と喜んでもらえたけれど、それは「頼んでもらえてよかった」とこっちのセリフなのかもしれない。というのも、自分と相手の感性が合致する瞬間は、自分にとってもなんともいえない瞬間だから。洞窟を独りで歩いていたら、向こうから相手も歩いてきて笑いあえるような。

やっぱり、自分の言葉で相手の課題を解決するのは楽しいな。クライアントワークにしろ自分の作品づくりにしろ根底はおなじ。これをコピーではなく物語という媒体でもできるように早くなりたい。

夜は、以前の職場の上司であるKさんと新宿の『からげんき』へ。今回は、仕事の話。企業サイトにおけるマーケティング戦略の方向性を決めるコンセプトワークとコピーライティングを依頼されることに。となれば、企業自体のコンセプトから考えなおすことが必要で、以前の職場という自分もよく知る舞台でそれをあえてゼロからやってみるのは自分にとっても新しい体験になるのではないかと感じ、受けることにした。

話を聞いているうちに「こんな方向性がいいんじゃないかな」というのは直感で見えてきたのだけど(だいたい、最初の直感で見えた方向性が最終的にもいちばん良かったりすることが多いんだけど)、とりあえず、それはあくまで仮説として、社員一人ひとりへのヒアリングから始めてみようと思う。

2018年7月5日(木)

きょうから1週間ほど、1か月ぶりに東京出張へ。またいろいろな人たちと出会えそう。家族と離れるのは辛いけれど、それを上回る楽しみを持ちかえろう。次に東京へ行くときは家族も連れて、新居探しの旅になりそうだな。

今回も泊まらせてもらう友人のDと渋谷の喫茶店でおちあったのち部屋へ。「Twitch」にてとある配信実験をしてみたらハマる。新しいライティング体験。面白そうなので、しばらくやってみよう。

夜は、松見坂のバーへ。しばらくすると、とある男性が店に入ってきて時間が止まる。かれこれ15年前、とある広告スクールに通っていたときの講師で、あの頃からすでにスターだったけれど、今ではもう雲の上の存在となってしまったクリエイターの方だった。さすがに声をかけるべきか迷っていたのだが、Dに「明日死ぬかもって考えたら声かけるでしょ?」と言われ、相手が食べおわるころを見計らって挨拶する。去り際に「よかったら名刺を」と言っていただき、名刺を交換。株式会社一の名刺が細すぎて名刺アプリではなかなか読みこめないなどのご迷惑をおかけする事態に。

いやあ、こんなことってあるんだなあ。不思議な流れ。