2018年7月11日(水)

午前中は、大阪と東京に拠点を構える制作会社を訪問。代表の方へ「今度、東京に行くのでオフィスへお伺いしてもよろしいですか」と事前にメッセージを送ったら、「思い出していただいてありがとうございます」と返信が来て、その謙虚さにひれ伏した。

おそらく、ひとまわり以上は年の離れたわたしに対して「地味なお話で申し訳ありません」などと言いながら、手がけてきた案件を丁寧に説明してくれる。一つひとつの案件を大小問わず大切に、クライアントとじっくり向きあって制作されているスタンスが滲みでていて、地味どころか羨ましかった。

とくに、代表の方の「ちいさい会社だからこそ向きあえる相手がいる。身の丈にあったことをやっていきたい」との言葉が印象的だった。自分を大きく見せようとすることなく、自分の大きさをそのまんま受けいれる謙虚さは強い武器になる。あと、案件をどうしても断らなければいけないときや、どうしても見積もり額が合わないときの対応の仕方なども教えていただいて、「なるほどなあ」と勉強になった。さっそく、実践している。

その後、虎ノ門ヒルズの大手広告代理店へ。軽い気持ちで訪れてみたら、大きな会議室に先方の担当者がぞろぞろと8名ほど入ってきて驚愕。即興で自己紹介を兼ねたプレゼンをすることになってこの世の終末を予言しかけたが、クセの強いポートフォリオのおかげでなんとか良い感じで乗りきることができた。へとへと。

夜は、とあるクライアントの代表の方などと呑むために駒場へ。たまたま立ちよった古本屋のラックに『来たるべき作家たち 海外作家の仕事場』という本を見つけて、その内容の良さに疲れが吹きとぶ。古本ってすごいなあ。あえて古本だけを情報源にしてみたら、おもしろそう。

そんなことを考えながら、松見坂の『そば処 福島屋』へ。蕎麦屋なのに肴も豊富で酒も旨くて愉しんでいたら、なんと先週にバーで偶然お会いしたばかりのスーパークリエイターの方が。「よくお会いしますね」と改めてご挨拶をして振りむくと、なんと別のテーブルにはとある女優の方が。すこしだけお話をさせていただく。松見坂。いいな。家賃が高すぎて住めない点だけを除けば。

そのまま、クライアントの系列会社の飲み会へ合流。今回のわたしの提案書を系列会社の方々にも「やっぱりコピーライターが入るとちがうよ」などとありがたいコメントつきでわざわざ共有してくれていたみたいで、いろいろとお話することができた。

散会後は、マンション前の自販機で鼻歌まじりのDとばったり遭遇。そのまま夜更けまで「なんだかよくわからないけれど持てあましている記憶たち」というテーマで話し、いつのまにか眠る。