2018年6月29日(金)

朝から福岡へ。人生で初めての本場・博多らーめんを『ShinShin 天神本店』で食したのち、とある新規コスメブランドのコンセプトとネーミングに関するクライアントとの最終調整に、パートナーの制作会社と臨む。

結果、この案件に関する最初の打ち合わせの際にふと思い浮かんでから、どうしてもやりたくてずっと推しつづけていた方向性で決定。「他の会社では絶対に出てこないだろうし、ましてや化粧品会社で採用する勇気があるところはないだろう」と言われた案だけに、クライアントにとっても覚悟がいる決断だったはずで、先方のプロジェクトメンバーたちが「社長、これがやりたいです! これでいきましょう!」と最後の最後まで何度も推してくれたおかげだと思う。ありがたい。そして、このコンセプトとネーミングが世の中へ出ていくことに、とてもワクワクしている。

その後、クライアントと『華蓮 博多店』で鹿児島牛のしゃぶしゃぶ。「ほんと、天才的なコンセプトでした」などと慣れないお世辞をさんざん言われて恐縮していたら、「ところで、お仕事はなにをされているんですか?」と聞かれ、良い意味で衝撃を受ける。はい、コピーライターです。いったい、これまで何者だと思われていたのだろう。でも、たしかに「コピーライター」ってなにをしているのか分かりづらいよな。いわゆる「コピー」だけを「ライティング」するわけじゃなくて、ヒアリングをして、それをもとにコンセプトを設計して、企画だって考える。なんかもっと分かりやすい肩書きはないだろうかと考えさせられる。

ぎりぎりまで歓談したのち、タクシーで博多駅へ。新大阪行きの新幹線の終電に走って滑りこみ、『ストーナー』(ジョン・ウィリアムズ)の世界に読み浸っていたら、あっという間に到着。福岡まで日帰りで行けるなんて盲点だった。人生は盲点ばかりで楽しい。とはいえ、険しい上り坂にはちがいない。でも、上り坂で後ろを向いて歩けば、下り坂を上ることになるのだと気づく。なんだか下り坂なら上れそうな気もしてくるから、これまで去っていった人たちの顔を思い浮かべては夜道を歩いて帰る。