2018年6月25日(月)

妻と息子が寝静まる夜更けに息を殺して叫んだセネガル戦のハイライトが朝のニュースで流れていて、妻が「ワゲ、すごいね。日本、やるじゃん」とつぶやいた。「ワゲは、セネガル代表だよ」と教えると、「え、ワゲさんじゃないの?」と言う。いや、ワゲさんだとは思うけれど。決して、輪毛さんではない。

朝から会社の設立準備。大阪と東京を行ったり来たりしながら手続きを進めるのは現実的じゃないなと感じ、東京への引っ越しを早めて、転居したあとにまとめて一気に終わらせることにした。なので、東京の案件比率をもう少し高めるべく、また7月初旬から東京をまわろうと思う。

とある新規コスメブランド開発の企画書を提出。「まあ、ここまでねばって考えたなら十分かな」と思って出そうとした寸前、最後の最後の最後に最良のアイデアが浮かぶパターンが最近は続いている。先日のとある開発会社のコーポレートスローガンも結局、最後の最後の最後に、ボディコピーの細部をリアルタイムで調整しているうちに、まったくちがうスローガンにたどりついてしまった。そんなねばりの向こうがわ。提出の直前に「最後のねばりタイム」を設けたほうがいいのかもしれない。

夕方から、とあるメーカーのSNSキャンペーンで使用するコピーを70本ほど追加で仕上げたのち、散歩へ。とあるロボット開発会社の新製品のネーミングとコピーというお題を考えるために、製品そのものではなく、会社の事業コンセプトから考えなおしてみることにした。そして、その事業コンセプトを達成していくために課題となっている要素を見つけ、それらを解決できるものとして新製品を位置づける。こうすると、新製品のネーミングやコピーの方向性もよりコンセプチュアルになるからユーザーへ届けやすくなるし、会社が事業を推進していきたい方向性ともズレなくなるので良いのではないかと思う。結果として、ひとつの道筋が見えてきたのでホッとした。

とりあえず、散歩しながら考えるのってアイデアは浮かぶし、運動にもなるし、気分転換にもなるし、一石三鳥だな。いままでオフィスでひとりウンウン唸りながら頭をねじっていた時間ってなんだったんだろう。