2018年6月11日(月)

東京の制作会社から、デザイナーやエンジニアなど非コピーライターの職種間で「コピーライティング部」を始動させたいとの話があり、そのメンバーたちとランチ。Dさんは相変わらずで癒された。たしかに自分と似通うところがある。それ以外の方々は初対面だったのだが、どうせ冗談かと思っていたら、けっこう本気でコピーをやりたいようで、コピー部でやりたいテーマについていろいろなアイデアが出てきて面白かった。コピーライティングに関する簡単なセミナーをやることになりそうなので、とりあえず自分なりのルールをまとめてテキスト化しようと思う。自分にとっても頭のなかが整理できる良い機会になりそう。

夕方からは半蔵門へ。久しぶりに代表のFさんと再会し、懐かしいオフィスの片隅でしばし喋る。「こんなことやろうかと思っているんですよね」とすこし話すだけで、「ってことは、こういうことか。面白そうだね」と一瞬で見抜いてしまうビジネス感覚は相変わらずだった。Uさんとも話し、広報的なコンテンツ面でお手伝いすることになるかもしれない。その後、Fさんと、Kさんも加えて新宿の歌舞伎町で甘辛い鍋。「社員にキャリアパスを示すべきか」という議題になり、「示すべき」というKさんに対して、「そんなの示されたら絶望するし、反抗したくなりますけどね」と逆張りをして楽しむなど。役員であるKさんの立場としてはそう答えるしかないだろうけれど、社員のために尽くしすぎる性格を抑えて、Kさん自身が本当はやりたいのに時間を割けていない「デザイン」の部分で一緒に仕事をしたいと伝えて解散。

ちょうどDから「渋谷の松見坂のBARで呑んでいる」との連絡が入り、タクシーで向かうと、直接話したことはないけれど、大学のキャンパスでよく見かけたことのある同級生の顔が。今はロボットの開発会社を経営しているとのこと。なんかタイプが似ているからとのことで、Dが引きあわせてくれたらしい。たしかに初めてとは思えないほど話しやすい雰囲気だった。Dとふたりでその方の弟子(?)を口撃したのち「3番目の友だち」で泣くなどして夜更けに散会。就寝。