2018年6月6日(水)

朝4時半起きで品川へ。午前中は、とある開発会社でコーポレートスローガンの打ち合わせ。これまではオンライン会議だったが、実際に直接会って会社の雰囲気を感じてみると、ほぼほぼ固まってきていた現状のコピーよりもっと攻められるのではないかと感じた。なので、いったん今のコピーを思いきって捨て、改めて考えさせてもらうことに。これまで一緒に積みあげてきた作業をゼロに戻すのは正直、心が痛みもするけれど、まったくあたらしいコピーを書ける楽しみのほうが大きい。

午後は渋谷へ。作業場を探して街を歩いていたら例の「喫茶室」の看板が現れて衝撃を受けた。そうだ。東京には「ルノアール」があるんだった。そして、大阪にはルノアールがないことに今さらながら気づく。電源完備の懐かしい空間で、とあるメーカーのSNSキャンペーンのコピーを仕上げる。1,000本ほどのコピーを使用することになり、最初の100本の締め切りが今日だったので提出。短納期だったせいか、途中で自分がAIにでもなったかのような錯覚を覚えたけれど、最後の最後まで人間として抵抗してブラッシュアップする経験は興味深かった。

夕方からは、とあるUIデザインで最先端を突っ走っている企業へ。以前の職場の先輩と、表現するデザインではなく、ユーザーのデータや数値効果をもとに設計するデザインについて話す。その中で、「コピー」を「ライティング」するのではなく、「デザイン(設計)」する視点も大切なのではないかとの議題があがる。以前に、コピーライターの先輩と「コピーライターというかバーバルデザイナーだよね」みたいな話をしたことを思いだした。

夜は、株式会社一を立ちあげるきっかけになったDとKと三人で呑む。お互いの肩書きをどうするかという話になり、二人の自由な切り口に驚いた。せっかく会社をつくるのだから「コピーライター」という枠に縛られすぎる必要はないのだということに気づかされる。「東京にいるあいだになにかヒントをつかみたいところだな」としばらく言葉を発さずに考えこんでいたら、いつのまにかDが店から消えていて、そのまま戻ってこない。

仕方なくKと、東京にいるあいだ宿泊させてもらうDのマンションへ向けて、コンビニで買ったチューハイを片手に歩く。すると、Dから「あれ、いない。帰った?」とのメッセージが。こっちのセリフである。再び合流して、三人でDのマンションへ。そのままKも泊まることになり、なぜか『ストV』で黙々と対戦。しばらくすると、それぞれピアノを弾いたりサイトをつくったり将棋をやったりシャワーを浴びたりと、特に会話を交わすこともなく自由に過ごし、いつしか自分のタイミングで床で寝る。朝起きると、すでにKはおらず、わたしもパンツ姿で寝ているDを横目に部屋を出る。なんだか分からないが、とてもいい距離感だった。